インターネットの活用

介護業界の複雑な資格体系が、ここ最近で大きく変革が成されることになりました。
それは、国家資格である介護福祉士を受験するにあたってのルールの一本化です。
今までならば、ヘルパー1級を取得したり、介護職員基礎研修を受けたり、もしくはいきなり一発受験を行ったり、様々なルートによってキャリア獲得が出来ました。
しかしながらそれはキャリア形成にとっては複雑な流れで混乱を招くものであり、明確な目標としてのプランニングが難しくなるという問題が起こっていました。
その問題を解決するために、介護福祉士となるためのルートは一本化されたのです。

これからは専門養成機関を卒業してからの受験か、もしくは実務経験3年を積んでからの実務者研修を受けてからの受験の2択となります。
そして、この時に活用される実務者研修はe-ラーニングで進行していくことが可能です。
さすがに実技研修に関しては現場へ赴いて練習する必要がありますが、大半の実務者研修に必要な要素である座学はe-ラーニングで行うことが可能です。
e-ラーニングであれば、時間や場所を問わずにいつでもどこでも何度でも学習することが可能となります。
これはインターネットが発達して普及したからこそ出来る、エピックな革命であるといえるでしょう。

そしてこのe-ラーニングのシステムは実務者研修のみならず、さまざまな指導教育に活用することが可能です。
そのために使える性能を兼ね備えたアプリケーションやソフトがリリースされているので、それを導入することで社内環境と従業員品質を高めることが可能です。
よってこれは導入しない手がない、重要なツールだといえます。

OtherSite

nlpスクールが東京にあるんです!|NLPスクールガイドin東京

カレンダー
2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930